ラグを利用していつでも快適にキレイを維持する方法とは

SITEMAP

Rug mat

自宅で丸洗い可能なラグがおすすめ

きれいな部屋

ラグは部屋の床に敷いて使用するアイテムなので、どうしても日常の汚れがたくさん付着しやすいです。日々降り注ぐ埃はもちろんですが、使用している場所次第では砂や食べかす等も付着してしまっているかもしれません。毛足が長めなラグを敷いている場合は埃や汚れが毛足の奥に入り込んでしまい、掃除をしてもなかなか綺麗にならないケースもあるでしょう。
部屋に敷いているラグの日常的なお手入れは、掃除機や粘着シートを使用して行うのが一般的です。掃除機や粘着シートを用いると、ラグの表面に付着している埃等は簡単に取り除くことが出来ます。また、ラグの汚れ取りブラシを用いれば、毛足の少し奥に入ってしまった埃程度ならきちんと掃除することが可能になります。
しかし、やはり日常のお手入れだけではラグを清潔に保つことは難しいと言わざるを得ません。そこでお勧めしたいのが、丸洗い可能なラグです。
近年は丸洗い可能なラグが多数販売されるようになっています。しかもクリーニングではなく、家庭の洗濯機で丸洗いが出来るラグが増えているのです。クリーニングに出すよりも自宅でお手入れする方が、当然節約にも繋がります。自宅の洗濯機に入れられるサイズのラグならいつでも気軽に丸洗いできるので、ラグを清潔に保って使用したい人は丸洗い可能なラグを使ってみてください。

男の一人暮らしにもラグが必要なワケ

私は30代の独身男性です。昨年の春に引越しした際に、家具や家電と一緒にラグを購入しました。
ラグと聞けばオシャレな感じがして、独身男性の家には不向きと思う方もいるかもしれません。そこで私がラグを購入した理由、どんなラグにしたのか、またラグを購入してどんな効果があったかをご紹介させていただきます。
まず、私がラグを購入した理由ですが、家具を置くだけでは殺風景になりがちなスペースをオシャレにしたかったからです。例えば、テレビやソファなどのリビングスペースに一枚ラグを敷くだけで、独立したようなスペースに見えます。ラグを選ぶ際には部屋のイメージに合わせるのはもちろんですが、落ち着いた色を選ぶとよいでしょう。男性なら黒やネイビーを選びがちですが、すこし濃い緑色なんかも良いと思います。ラグを敷いてみて一番思ったのは、女性ウケが良いこと。ラグがあるだけで部屋がオシャレに見えると言ってくれます。また、モコモコの毛並みのラグなら、足元が暖かく感じると好評です。ベッドサイドの床にラグを敷くと、ベッドから出る際の足元のひやっとする感じも防げるでしょう。
男性だからといってラグがないのは大間違い。ラグはさまざまな良い効果があります。ラグが気になってきた男性の皆さん、今すぐインテリアショップへ行きましょう。

ラグの色やデザイン選びと部屋の印象

カーペットと異なり、ラグは床の一部だけをカバーする製品です。部屋の広さによって使用するラグのサイズにも違いはありますが、一般的な家庭では2畳から3畳程度のラグを敷いているケースが多いでしょう。
部屋に敷くラグを選ぶ際に着目したいのが、ラグと床材の色味の兼ね合いです。前述したように、ラグは床の一部だけに敷く物です。その為、ラグが敷かれている部屋では、ラグの色と床材の色の組み合わせが部屋の印象を大きく左右することになるのです。
床材の色と近い色味のラグを敷いた場合、床とラグの一体感が強くなります。その為元々の部屋の印象もあまり変わらず、自然なコーディネートが可能になると言えます。
それに対し、床材と対局の色味のラグを敷いた部屋は、その色の組み合わせ次第で様々に印象が変わってきます。床材とラグの組み合わせで部屋にメリハリを付けることによって、部屋をすっきりと見せることも不可能ではありません。
また、ラグの模様によっても部屋の印象は変わってきます。例えばストライプ柄のラグを敷くと、ストライプによって奥行き感が出て部屋が広くなったように錯覚させることが出来ます。部屋に置かれている家具等の色遣いによってより効果的なラグの色には違いがあるので、それぞれの部屋に合った色やデザインのラグを選んでみましょう。

イチオシ記事

TOP